2017年8月14日月曜日

【朱雀は黄太郎の相棒:その5=重たい記憶=】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朱雀は黄太郎の相棒シリーズ過去ログ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【朱雀は黄太郎の相棒:その1=増えた=】

【朱雀は黄太郎の相棒:その2=朱雀2さん=】

【朱雀は黄太郎の相棒:その3=朱雀の名前=】

【朱雀は黄太郎の相棒:その4=朱雀の故郷=】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旧ブログを開始したのは、ちょうど前夫が家出した頃を境に長男・黄太郎が「霊を見た」と言い出したのをきっかけにスピ系のサイトを見るようになって・・・という感じです。

前夫と離婚した一週間後に開始した旧ブログ。
長くやってるとちょっとした不思議には慣れちゃったせいもあり(^_^;)
最後の方は更新があまりできずにいましたが、ブログ開始&離婚からちょうど10年でお引越し&私の再婚となり、それもなかなかに不思議なタイミングになったなぁって思っています。

その旧ブログを始めて間もないころに記録した記事があります。

黄太郎の前世の記憶?

黄太郎には過去世の記憶があるっぽいんですが、まずアトランティスの神官だった時の記憶もあるっぽくて(^^;)

生まれ変わりや魂に「分霊」という概念がない場合、歴史上の有名人や数少ない役職なんかがゴロゴロしているスピ系に胡散臭さを感じる人も多いかもしれませんが、私は実際に黄太郎を観察してきて「アトランティスの神官の魂のカケラなら有りなのかも?」という考えに落ち着いています。

瞑想や精神の修行を重ねてきた人は、生まれ変わったときにそれを持ち越してくるのかもしれません。瞑想にかかわらずスキルはある程度持ち越し可能だと思ってますが。
黄太郎のアストラルトラベルのお持ち帰り率、精度を思うと、瞑想やエネルギーワークの修行を積んだ人間だったんじゃないかなと思っています。
そういう意味で、神官はちょっと納得なんですよね。

お持ち帰り率の低い私は修行が足りないのね(ΦωΦ;)

そんなわけで、黄太郎には前世と思われる第二次世界大戦で戦死した日本兵の記憶があるようです。
この時期くらいになると、たまに気分が重くなる夢を見ることがあったそうですが、ここ数年は特にヘヴィーな夢を毎年見ると言ってました。

記録していないので(私がそれどころじゃなかったので ^^;)いつだったかわからないんですが、黄太郎がいうには1年前・・・私達が引っ越しだーなんだかんだー大変だーって言ってた頃。

ある休みの日の朝、気づくとじっとスマホで何かを見ていた黄太郎が言いました。

「おかん・・・。す・・・っごい長い夢見た。悪夢だ。」

それまでは日本兵だった頃の記憶っぽいものを、起きているときに思い出していたりもしたのです。

記憶というより、感覚でしょうか。

『硫黄島からの手紙』なんかを録画してみんなで観たときも『雑草汁』の味やまずさに覚えがあるようでした。


でも、硫黄島には覚えがないと言ってました。

今から1年前みたという、長編の悪夢はモノクロだったそうです。
船に『鳳』という字が書いてあるのを見たり、犬養毅の演説を見に行ったり(座席が埋まっていて立ち見したそうです)、『関東軍』という言葉にとても嫌悪感を持っていたり・・・というそれまでになかった新しい情報がたくさんあったそうです。
黄太郎にとってもよくわからないキーワードが、重く長い夢の中で見つかったということでした。スマホをじっと見ていたのは、そのキーワードが現実にあるかどうか調べていたようです。

実際の黄太郎、学校の成績も良くない子でして(^_^;)
小中学校の頃でしょうか。授業でちゃんと勉強するまで、原爆ドームは広島カープの本拠地だと思ってたそうです(爆)
「野球やるんだと思ってた( ̄∇ ̄;)」なんて言ってました。

私もそうだったんですが、授業はサラーッと聞いてふわ~っと理解して、成人してからは「そういえば聞いたことあるけど詳しく説明しろと言われたらできないww」という状態なのですよ(Φ∀Φ;)

けっこう多くの人がそうなんじゃないかなーと思います。
犬養毅なんて「昔の政治家っぽい?」くらいの認識だったし、黄太郎だって「誰だっけ?」
『関東軍』なんて私の両親だって(母は終戦前、父は終戦直後生まれ)、「知らないなぁ」って言ってました。特に戦時中のことを調べて勉強していない限り、戦後の人間にとったら馴染みのないワードですよね。

先日LINEしたときにも、やっぱりこの時期に見ちゃったorz という話を聞きました。
前からジャングルの中というのは確実だなと思っていたそうです。今回見たのも武装し、ひたすらジャングルの中を行く夢。現地の子供たちに穴を掘らせている夢。など。

いろんなシーンを見たので夢なのか前世の記憶なのか、もうどうれがどれだかわからない、ということでした。とても辛そうです。

自分に一体何が起こってるんだろう・・・黄太郎はこうやってこの時期に見てしまう自分の夢への疑問のほうが大きく、朱雀たちとのことを詮索しようという余裕はなかった様子です。
YouTubeでなぜかおすすめされていたシンガポールの戦いについての動画(一部再現映像)を見て、泣いてしまったと話してくれました。自分の見る夢ととても近いイメージだそうです。

前世といっても情報が少ないうえに断片的なので、感覚と合わせても今の時点では前世の人物が本当に存在したのかどうかなんて、わかりませんよね(^_^;)
でも、こんなふうに謎解きをして記憶をつなげている人も少なくないんですよ。
私は全然進んでいませんけども(ΦωΦ;)

どこをどう調べていいのか私もわからないので、自分がもつイメージのみで話しました。
「総理大臣の演説を聴いたんなら、もしかしたら前世の人は東京の人?」と。

そういえば黄太郎自身は、数年前に修学旅行で東京へ行きました(^_^;)
「スカイツリー行って、浅草でお土産を買ってきたでしょ」と言われました。←お土産食べるだけ食べて忘れてるオカン(汗)



京都よりもふるさと感はあったそうです。
一度行ってるのに、また行きたいと言ってたんですね。

修学旅行のコースにあったディズニーシーへ行った日、旧ブログに「黄太郎くんのところの朱雀くんが遊びにきました」というコメントをいただいて、あれ?今、黄太郎は千葉だけども?って思ってたらコメントくださった方もなんと千葉の方という。黄太郎の修学旅行なんて誰にも言ってないし、どこにも出してないのに・・・という、そんな不思議なこともありました。今思えば伏線っぽい。まるで付箋や栞を挟むようにして記録が残ってるんですね。

朱雀は神田明神の眷属さん?
黄太郎の前世の人物は東京出身?

これといった確証はないものの、私自身もとても腑に落ちるような感覚があるんです。
また、黄太郎もほぼ間違いない感じがする、と。
前世の人物が神田明神の氏子だった可能性もあるような気がするそうです。

「朱雀はなんて言ってるの?」と私が訊くと、「朱雀はただ笑ってるだけ」と黄太郎は言ってました。

他の方からチラリと聞いていた、パワーアニマル(精霊・眷属などの守護存在)さんとの関係・・・パワーアニマルさんは基本的に人間より長生きみたいなので、過去世からのおつきあいのある方もいらっしゃるそうです。

黄太郎の相棒、朱雀もきっとそうなのでしょう。

飄々としているように見える朱雀だって、ごくごくたまに怒りもするし、正義感の強い面もあるそうです。もし守護するつもりで黄太郎(前世)について行ったのなら、きっと必死だったに違いないね、と黄太郎も言ってました。

どんな気持ちでそばに居てくれたんだろう?

どうやって新しい黄太郎を探し出してくれたんだろう?

今こうやって謎解きをしている私達のそばで笑って見守ってくれているのを想像すると、なんてやさしくてあったかいんだろう・・・って感謝の思いでいっぱいになります。

生まれ変わりがあるにしろ無いにしろ ───

日本のみならず、たくさんの方が亡くなりました。
あまりにもたくさんの方が傷つき涙しました。
もしかしたらこうやって、人間以外の存在や自然もたくさん傷つけたのかもしれません。

それなら、今後の世界のことを考えていくためのもっとベースの部分には、加害者、被害者を越えて、過去の戦争から可能な限り、隈なく学び尽くすくらいの思いが無いといけない。いや、そうやってもまだまだ足りない、もっとだ、もっともっとだ、と思うくらいの気持ちで学び尽くしてこれからに活かしてくことを、供養としていきたいですね。

とりあえず今わかっていることはここまでです。
私も今回の黄太郎の件で第二次世界大戦のことを調べて、いろいろと勉強になりました。
そりゃもうまだまだ知らないことのほうが圧倒的に多いんですけども、授業で学習した時とはまた全然違った角度で学ぶことが出来ました。

終戦記念日を前にして、ブログで記録することができてよかったです。
明日は時間をとって祈りたいと思います。

2017年8月12日土曜日

【朱雀は黄太郎の相棒:その4=朱雀の故郷=】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朱雀は黄太郎の相棒シリーズ過去ログ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【朱雀は黄太郎の相棒:その1=増えた=】

【朱雀は黄太郎の相棒:その2=朱雀2さん=】

【朱雀は黄太郎の相棒:その3=朱雀の名前=】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相変わらずのんびりマイペース黄太郎とゆかいな仲間たちの情報開示が神聖な聖獣のものとは思えないユルさでツッコミの嵐を巻き起こしておりますが、そんなどーでもいー情報に混在しながら、ちゃんと黄太郎にとって大切な情報が含まれているようです。

今年新しくやってきた、博多弁でお話になるという朱雀2さんのお名前が「雀居(ささい)」で、調べると本当に博多にそういう名前の場所があるというのがわかってビックリw(゜ー゜;)w 滑走路を使ったのかどうかはわかりませんが、もしかしたらそこからはるばる来てくださった方なのでしょうか。

教えてもらったのが、苗字なのか?出身地なのか?
それとも出身地を名前の一部として名乗るのか?まだよくわかりませんが;

神田てw苗字かよwとツッコんだ私に朱雀からは「神田橋の近くで生まれたから」と返答があったそう・・・。


え?( ̄Д ̄;)


あ・・・( ̄∇ ̄;)


そういや朱雀1は江戸っ子 → → → 東京
神田橋 → → → 東京


そうやん。江戸っ子やん。京都じゃなくて東京やん( ̄Д ̄;)←私ったら今さら


え?じゃあ東京の朱雀さんがなぜ京都の黄太郎のところへ?

朱雀・・・四神のうちのひとつ。
wikiでも四神は中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣、とあります。
四神相応・・・昔の人が中国に倣って都を作る時に配置したんですね。

四神を象徴する方角や色や四季、地形があって、平安京(京都)も四神相応が当てはめられているのはざっくりとは知っていました。
京都には朱雀という名前の場所もあるんですよ。私は四神より地名を先に知ったくらいです。

こんな感じですっかり京都のことしか頭になかった私。
単純に「京都だし朱雀の1匹や2匹居るよね^^じゃあ黄太郎のとこに来ても不思議じゃないかw」くらいに思ってたんですが、風水都市は京都だけじゃなかった(^_^;)

東京にそういえば神田って無かったっけ?程度の、東京にまったく詳しくない私の東京情報って偏りがあって、こち亀くらいなんですね(笑)

息子達が高校へ入ったあたりくらいから週刊少年ジャンプを毎週買い始めたのですが(しかも3人で取り合いになって読んでいたw)学生時代の私が買って読んでいた時にも、実家の弟に借りて読んでいたあたりにも、過去にはまだ登場していなかったキャラクターがいつの間にやら出てきていて、神田は「そのあたりの舞台じゃないかなぁ?」っていう印象。(気にせず読み流していたのでわかりませんでしたが、改めて調べると寿司屋の名前にも入っていたんですねぇ^^;)





私が「東京に神田って名前のつく神社あるんじゃない?もしかして朱雀1はそこからの使者?」くらいに言ってたら、LINEしながら二人同時にネットで検索して


私&黄太郎「神田明神っていうのがあるΣ(゚д゚lll)」


なんて同時に驚いてんですからのんきなもんです。
関東の方、無知ですみませんm(_ _)m
地方に住んでる者はこんなもんです(汗)

そこで、私は時折ぽつりと「東京行きたい」っていう黄太郎のことを、よくある若者の都会に対する憧れがあるんだ~意外だな~くらいに思っていた件と、黄太郎が1~2年くらい前に「超長い悪夢見た」って冷や汗かきながら目覚めたことを聞いたことがあったというその件とが、今回の朱雀さんたちからの情報と全部・・・私の中で瞬時に繋がりました。

神田明神をインターネットで調べた黄太郎が、画像を見つけて「シャレオツで派手好きな朱雀のイメージそのものwww」と大ウケしてました。

『江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神。江戸時代には、「江戸総鎮守」として将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護されました。(神田明神公式ホームページより)』

神田明神は江戸の町を守ってきた神様だったんですね。



素材屋さんから画像をお借りしました




ちゃんと朱雀さんもいらっしゃるんですね。



あ、神田さん(朱雀1)こっちじゃね?
画像は公式から拝借しました



朱雀さんの故郷はここに違いない。
これはもう東京旅行を計画しなきゃですね。


2017年8月11日金曜日

【朱雀は黄太郎の相棒:その3=朱雀の名前=】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朱雀は黄太郎の相棒シリーズ過去ログ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【朱雀は黄太郎の相棒:その1=増えた=】

【朱雀は黄太郎の相棒:その2=朱雀2さん=】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

黄太郎の「朱雀が増えた」というビックリ発言から、今現在、黄太郎は可愛い系と濃い系の2羽のイケメンの守護を受けているであろうことがわかってきました。

全体的な「鳥サポート」が活性化してるっぽい、酉年の今年、もしかしたらそうやって期間限定、もしくはこれを機に長期でサポートを受ける方が他にもいらっしゃるかもしれませんね。自覚、無自覚にかかわらず。

パワーアニマルさんに種類があるとして、黄太郎んちの火の鳥はきっと朱雀だろう。京都だし。ってことで私たちはずっと「朱雀」って呼んできました。

でも、それって個人名じゃないよね?アニマルさんの種類を指す名前だよね。

たとえば私のところに居てくれる、若くて(幼くて?)青いドラゴンちゃん(主にアストラルトラベルのサポート)は、うちに来てくれた時には名前はまだ無かったそうですが、私が思いついた名前を呼んであげることにしました。それがロンデ君

当時、名前がパッと浮かんだ時にちゃんと調べてなかったんですが、フランス語で『丸』って意味だそうで、今ごろ知ってビックリしているところですよ。ははは(Φ∇Φ;)

お稲荷さんちの小狐Mさんについて尋ねた、ある方のお話ですと、

龍も個人名は一人一人あるんですけど、『~竜王』とか『乙姫』ってのは代々受け継ぐ名前(役職を表す敬称)なのだそうです。

でもって、普通は個人名(フルネーム)は他人に教えないもので、フルネームを知られると相手に服従させられることもあるのだそうです。

だから、家族や友達でもフルネームの一部だけを愛称のように呼び合うのだそうです。

また、それほど親しくない者同士は、字(仮の名前)で呼び合うってことで…仮の名前でもテレパシーっぽい言葉なので誰の事を指しているのか分かるので問題ないんです。

ちなみに、狐さんに名前を聞いて、短い名前を答えてくれたら…それはフルネームの一部だと思います。『あなたに私の字(あざな)をつけて欲しい』って答えた場合も、mariさんを尊敬している場合の答えです。

彼らにとって名前ってのは本当に大切なものなので、簡単には名前を教えたり名前をつけさせたりはしないのです。

とても大切なものなので、『とっておきの秘密』を教えてもらったのだというイメージで受け取ってもらえたら良いのではないかと思います。

まるで千と千尋の神隠しみたいですねー。

そんな感じでですね、教えていただいたり他の人の体験談をお聞きしたり、また私のそばで応援してくれている、守護などして働いてくれているかわいい存在さんのサインや感覚などをキャッチする体験を通して、じゃあ黄太郎のところの朱雀さんも個人名があるんじゃないのかな?(・_・?)なんて思ったんですね。

なんか朱雀1とか朱雀2って呼ぶのって、村人A村人Bみたいじゃないですか。

私「それぞれ名前あるの?」

黄「どう呼ぼう」

私「まだ名前聞いてないのか(^_^;)」

黄「なんでこんな朱雀だらけになるんだろう;」

私「引っ越してからでしょ?もしかしたら新居の押し入れに封印されし赤き鳥が黄太郎の手によって解き放たれた!!とか?ww」

黄「てっぺいと一輝って呼ぼうか」←聞いてないw

私「本人たちなんて言ってるの?(^_^;)」

黄「どう呼んでもいいみたい」

どうもパワーアニマルさん、テレパシーでやりとりするからなのか『名前は大事』でも、どう呼ばれるか?は気にしてないみたい(笑)

私「仲良くなったら名前教えてくれるそうだよ。訊いてみたら?」

黄「かっこいい名前あるのかなぁ」

私「本名があるはずだよ。ミギハヤミコハクヌシ~、とか。黄太郎を信頼してくれていたら名前の一部だけ教えてもらえるかも。朱雀も嫌だったら言わなくていいよって言って。」

尋ねていたのか?しばらく黙ってた黄太郎・・・。

黄「朱雀1は神田だってさ」



( ̄x ̄;)




苗字かwww




私「朱雀2は?」


黄「ささい だって」



苗字かwww



黄太郎「神田ユウかよ。うーん、名前言いたがらないな~。」

私「よーしヽ(´▽`)/この名前がいいぞ❤とかいう話じゃないぞ?(笑)いくら神田ユウがかっこいいからってw」





私はてっきり黄太郎に訊かれたので朱雀1が適当につけたのだと思いました。
どうやら神田は苗字のようです。

黄「神田なんたら朱雀(1)、雀居なんたら朱雀(2)・・・みたい」

私「え?雀居?ざくい?」←読めないw

黄「雀居=ささい。笹井かと思ったら雀居なんだってさ」

検索してみたらほんとに博多にあるじゃないですか(笑)
しかも遺跡があった場所だそうで。
黄太郎も「え?雀居が?本当に博多にあるの?」と驚いた様子でした。

しかもしかも、そこって現在空港みたいなのです。

一緒に調べていた黄太郎、感心して「へぇ、福岡空港の中なんだ。飛ぶんだ・・・」


朱雀2は滑走路使うんかいwww


でも神獣さんの名前つけた航空会社もあるそうなので、空を飛ぶ神獣さんが飛行機や空飛ぶ乗り物と何か関係しているのかもしれませんね。守護している、とか?

黄「朱雀2は朱雀1より凄まじい(パワーが)」

私「へぇ。筋トレとか始めるのか?(笑)」

黄「いや、座禅をよくする感じ」

私「押し入れで?(笑)」←どうしても押し入れと結びつけたい母

黄「俺の部屋ん中じゃない?」

私「え?黄太郎の部屋?押し入れじゃないの?(笑)」

黄「押し入れで座禅はないでしょw」

私「劇的びふぉーあふたーの押し入れ?」(←8/2の日記にチラッと書いた棚を設置し整頓しました)

黄「どちらかというと朱雀1の方」

私「え?朱雀1が座禅?」

黄「いや、押し入れ気に入ってる。いるよーって。」

私「www押し入れに?」

黄「押し入れに。」



朱雀1はドラ●もんかwww



2017年8月10日木曜日

濃ゆっ!!【朱雀は黄太郎の相棒:その2=朱雀2さん=】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朱雀は黄太郎の相棒シリーズ過去ログ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【朱雀は黄太郎の相棒:その1=増えた=】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長男、黄太郎が中学1年生の時、「そばに火の鳥がいる」と言い出したことでわかった、黄太郎を守護(?)してくれている聖獣さんが朱雀です。

最初は、ぼんやりと火の鳥=鳳凰や朱雀・・・くらいにしか知識がなくて、
それらは神様仏様の元で働く眷属神さんなんだろうな、と思いました。

「え?なんでうちの子なんかにそんな神々しいパワーアニマルさんが?」
「何かの間違いでは?( ̄◇ ̄;)」

今思い返せば失礼極まりないですが、黄太郎につくなんて雀やチキンじゃないのか?
くらいに思ってました。ごめんちゃい(´・ω・`)

ところが、記録している間に黄太郎から聞く朱雀像や、他の方のところにいらっしゃる守護存在さんたちの話を知ることにより、パワーアニマル(大きなくくりでは精霊さん)の中には、フレンドリーだったりとっても親しみやすいキャラクターだったりする方もたくさんおられるそうで、とても身近な存在なのだなということがわかってきました。

大体はこうやって、長男からぽつりぽつりと何気ない情報が開示されるわけで。
黄太郎の口から出てくる朱雀やパワーアニマルの話は特別なことはなく、日常の会話に混ざって日常会話のテンションで出てきます。
ですが・・・その度に私が持っていたイメージが覆され、驚きと爆笑を誘いました。

一番最初の朱雀情報は「なんだか江戸っ子?みたいな話し方だよ」と聞いていました。
パワーアニマルさんが取る人型ビジュアルがあると耳にして黄太郎に確かめた時、朱雀に『ど根性ガエルの寿司職人』のイメージを持っていたのを覆されたのがコチラ。朱雀の人間バージョン発覚

今でこそ、スマホでいろんなことが検索できるので、黄太郎が創作でもしているのかな?という可能性も拭いきれないわけですが、当時うちにあるパソコンは子どもたちが勝手に触れない私専用の1台だけだったし、携帯電話ももちろん持たせていない時で、私がネットで調べることと黄太郎から直に聞く事との符合を不思議な気持ちになりながら記録してきました。(もちろん話すときも誘導にならないように気をつけていました)

こんな感じで。

先月、7月にLINEでやりとりした会話を元に続きを書いていきます。

「朱雀が増えたみたい」・・・という話から、疑問が頭に溢れたくさん質問しました。

私:増えた鳥は朱雀の家族なのか?→黄太郎:NO まったく違う家系

チャラ男が二人?→NO(笑)新しい鳥は熱い男 九州男児みたい

いつから?→引っ越ししだしてから

なぜわかったのか?→気配、夢、朱雀に尋ねてみて

年齢は?→朱雀より年上な感じ

上下関係ある?朱雀の先輩?→なさそう 仲良くしてる

朱雀1の人間バージョンは小池●平だよね?朱雀2は?・・・と質問したら、黄太郎がわかる有名人が少ないので最初「あーでもないこーでもない」と言ってましたが、「そうそう、この人」と教えてもらった、ある俳優さんの画像を検索してまず思ったのが「濃ゆっ!!!」でした。

おそらくこれ読んでくれている方も「濃い顔の俳優」と聞くとトップ3には入ってくるはず。

私「これ、ブログに書いてもいい?朱雀たちと黄太郎に許可ほしいんだけどwww」

と、言ったら黄太郎は「別にいいよ」と。

朱雀1=OK、朱雀2=「よかよ」

ん?よかよ?( ̄ー ̄?).....??

黄太郎「どこ弁?」

私「博多弁じゃね?」

朱雀2九州男児→博多かwww

私「そんなにクリアに会話できるの?」

黄「会話には時間かかる。感覚は早い」

ということらしいです。朱雀1との繋がりが強いので、会話等はしやすいそうです。朱雀2は慣れていないせいなのか、会話は朱雀1の通訳を通してという感じ。


<<黄太郎んちの朱雀さんまとめ>>


◆朱雀1◆


25歳くらい
江戸っ子口調
女の子大好き
小●徹平似
(画像左は最初の私のイメージ。画像右が正しいイメージ)

だいたい


こんな感じ(立ち居振る舞い)や


こんな感じ(女の子を見つけた時)のキャラだそうです。
黄太郎が「そっくりwww」と言ってました。



◆朱雀2◆


見た感じ30代
九州男児
熱血漢
一輝。







2017年8月8日火曜日

鳥だらけ?【朱雀は黄太郎の相棒:その1=増えた=】

右手親指の関節がモリモリしてきたのでそこばっかりに目が行ってましたが
右手薬指の関節もほんのり盛り上がってきているのに気づきました(:3 _ )=

それ以外はなんとか元気です。

お友達からのメールで初めて聞いたライオンゲート(8月8日)。
検索してもなんだか抽象的な説明しかなくて、いつものように
「なんかある日なんだなw」くらいにぼんやりと把握しました(笑)

今は獅子座なんでね。ライオンなんでしょうけど。
本日のブログ、mari的にはライオンじゃなくて鳥。
7月入ってすぐくらいに、黄太郎とLINEでやりとりして

水無月食べたー?京都特有の文化らしいぜーw知ってた?
   ↓
京都の歴史の話
   ↓
朱雀も平安京の生き物だからねー

みたいにして黄太郎についている朱雀(人間バージョンは小池●平w)の話題になり
よそんちの朱雀さんのお話(ブログ)を偶然みつけて読んだばかりだったので
あ~、朱雀と縁ある人は他にもいるみたいだね~という話をしたわけです。

黄太郎「朱雀はいっぱいいるよ。最近めっちゃ飛んでる」

朱雀のバーゲンセールかwww

「朱雀ってけっこうな周期でブームくるよな」なんていう長男、黄太郎。
空に鳥のサインをたくさん見つけるし、気配もたくさん感じるそうです。

さらには、「朱雀が増えてる・・・二匹目の朱雀がやってきた~」
とか言い出しましたwww

私「wwwwwww細胞分裂???wwwwww」

今、黄太郎のそばに朱雀1と朱雀2がいるそうです。
(ええ。もう母としては爆笑しまくりました)

この話を7月半ば頃にうさ姫えりなさんとランチをご一緒し、お話ししました。
そのちょうど一ヶ月前にもうさ姫さんとお会いしたのですが、
お伊勢参りをされたえりなさんから、お土産話を聞いた時の
「鳥のサインがいっぱいで驚いてる!」という話が浮上。

「そういえば( ̄口 ̄;)!!」

私はてっきり、えりなさんが個人的に「鳥ブーム来てんだな」くらいに思ってました。
なので、黄太郎の「朱雀が空にいっぱい」という話とつながっていませんでした。

「今年はホラ、酉年でしょ?関係あるのかしら」と、えりなさん。

ほんとだ!( ̄口 ̄;)!!

さっそく黄太郎にこの話をした時も、
「朱雀がいっぱい」と「酉年」というのがつながっていなかったようで、

ほんとだ!( ̄口 ̄;)!!

親子して同じ反応をしました。

えりなさんは、「巳年も蛇(見えない蛇さん、蛇サイン)がいっぱいだった~」
と、おっしゃってたので、
「そういえば、青龍の女の子が来てた時あったよね?それもひょっとして辰年?」
と言うと、黄太郎、計算しはじめました。

数年前に黄太郎は「青龍の気配がする。来てる。女の子だ・・・」と言ってたんです。
でも、よく訊いてみるとどうやら期間限定でお越しだった様子。
今は青龍さんの気配は感じないそうです。

で、その期間もズバリ辰年だったそうです。
本人も驚いていました。

えー((o(´∀`)o))ワクワク

じゃあ今増えた朱雀さんも期間限定かもしれないね。
青龍、朱雀とくればコレ、四神(青龍、朱雀、白虎、玄武)が
期間限定でやって来てくれるサービス(何の?)かもしれないよ!?

酉の次は・・・寅(虎)だ!白虎さんだ!

あれ・・・?じゃあ玄武は?( ̄x ̄;)



なに年?( ̄x ̄;)

亀年?無い。じゃあ蛇?


辰年の翌年ですな!(過ぎてるwww)


2017年8月2日水曜日

私は一体何と戦っているのだw

あれ!?もう8月じゃん ヮ(゚д゚)ォ!

こんにてぃわ。mariです。

更年期症状にさいなまれつつ、
ダンボール(引っ越し荷物)をあちらの部屋にやったり
こちらの部屋にやったり移動ばかりですが、
お部屋作りをボチボチと進めています。

月1で息子のところへ戻り、あちらの不備を整備したり作ったり
(エアコンとかカーテンとか棚とかね)
人形のお教室通いを再開したり、天然石磨きに行ったりね。

自転車で汗かきながらイオンに行ってガンガンに冷えた店内にて
ビッグウェ~ブに襲われ、おいらのお腹がゲリラ豪雨ってね(:3 _ )=

京都で「坂だ」と思ってたところが平地に見えるほどに
愛知の坂道は心臓破りです。

お買い物の帰り道は「高いけど電動自転車買ってもらうんだった!」と後悔の嵐。
いや、がんばれmari!おまえはゴリラだ!と暗示をかけながら坂道を登って帰宅します。
ちょっと、強くなれる気がします。5%増しくらい?
確実に消費税8%の方がStrongです。お財布にダメージです。

まぁそんなオバチャンな毎日を過ごしています。

今までのように、ちょっぴし不思議なことがあったりしてもですね、
周囲のお友達や息子やらに聞いてもらうことが多くなってしまい
アウトプットがそっちで完結しちゃうんですねっ!

でもまぁ、リビングにやっとエアコンも付いたことですし
これでだいぶ過ごしやすくなるはず。ボチボチ書いていこうかなと。
思い出しながら(汗)

え?リビングに今ごろエアコン?ってなんでかってーと。

よく知らない人と結婚しちゃったんでね(滝汗)

お互いに相手に遠慮しながら、相手のペースとか状況とか
観察して把握しながらの新婚生活ですんで;
ダンボール早く片付けて・・・!とか、
リビングに早くエアコンつけて!
ってなかなか言えないわけですよ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

言ったところで「そうだな」と言いながら夫。
どのエアコンを、いつつけるか?っていうのに時間かかる人で、
迷って迷って1年近く経ってるそうです。

いやー。てんびん座の辞書に即断即決って無いよね!

(決断してからのブレなさって素晴らしいんですのよ←フォロー)

様子みつつ進めても定期的にケンカになるんですが(゜ー゜;A
エアコンついてる部屋のドアをあけて扇風機で冷気をリビングにまで運ぶ
という荒業(裏技?)を使って即決となりました。

私の強硬手段に、電気代を気にする夫が慌てて
「すぐ工事に来てくれるお店」に
決めてくれたのです(ΦωΦ)フォッフォッフォッ♪
スピード解決。