2018年3月30日金曜日

どこまで行っても『3』

3月ももう終わりですね(´ー`)

タイトルはですね、『3』となっておりますが、パート1、パート2の『3』ではないので、パート1とパート2を探さないでくださいね。一話完結です。




あれから、西洋占星術も、少しずつ研究中です。
でも、読み方むずかしいですね(汗)

なんだか翻訳と似ていて、なんとなくの意味はわかるのに、ちゃんとした文章(解釈)にできなかったりして。
外国語だって単語の個別の意味を勉強しても、それだけでは文章にならないっていうのと似ています。
タロットカードなんかもそうですよね。
読むのにセンスが必要なんだなぁって思いました。

最近は兄弟や両親のも出してみて、うわぁ!ってなってます(笑)
そのうち書いてみたいと思います。


何を思って検索していたのか謎なんですが、寝ぼけながらある占いをしてそのまま寝落ちしたので、起きた時にスマホを開いたらそれが表示されました。

「あぁ(´∀`)数秘術か~。(←一生懸命ローマ字を入力していたことを思い出すw)」

名前をローマ字にして数秘術で占う方法は、中学生のあたりから知ってました。
でも、数字にして計算して、という作業がめんどくさくてやったことなかったんですね。(簡単な足し算なのに!)自動計算さまさまですね♪

数秘術(ヌメロロジー)

今朝見てびっくりしたのは、そうやって初めて出した名前で占う数秘術で、まさかのだったこと。

1年とちょっと前に苗字変わったわけですが、おいおいまたしても3か、と。

疑ってかかって、何度も入れ直してみたんですが、やっぱり3。

さらにびっくりしたのは、「じゃあ旧姓とか前の苗字ではどうだったの?」っていう好奇心から前の2つの苗字で占ってみました。

旧姓も3かよ( ̄□ ̄;)!!

なんでこんなに3に反応しているかというと、何年も前に調べてみた『エンジェルナンバー』(ドリーンさんのエンジェルナンバーじゃなくてヌメロロジーの方)で、全部3だったのがすごく印象に残ってたんですね。

参考:誕生日占いとは

これでいうと、私は

エンジェルナンバー(現在)・・・3
チャレンジナンバー(未来)・・・3
スピリチュアルナンバー(過去)
・・・3

ってなるわけですよ。

昔からずっと3で、目指すところも3。

(?_?)

よくわかんないけど





ありのままの私でいいのね!

ありのままの私でいいのね!

ありのままの私でいいのね!







西洋占星術でみても、ドラゴンヘッドが向かうところは月と火星の間(トリプルコンジャンクション?素のままでGO?)だし、太陽だって5ハウスだし、ヒャッハー!ヾ(@^▽^@)ノでOKな人なのかなって。

3はこちらの説明でヒャッハー!してます。


数秘術ナンバー自動計算ツール

昨日私がスマホで出した時はこちらを閲覧↑
↓今日はパソコンからこちらを参考にさせていただきました。

自分占い


こちら↑が旧姓を使った場合。
生まれた時から最初の結婚までの20年ちょっとの間。




こちら↑が結婚後~再婚までの期間。
24年間ですかね。




こちら↑が現在の名前を使った結果。
D=Destiny Number(デスティニーナンバー)は
既婚女性などは旧姓で占うそうなので、
D5になってますが、ここは3になります。

しかし1回目の結婚でもD3なのが笑える。
(基本的には旧姓でみるそうですねー)


こちらは生まれた時間も含めて占えます↓
母子手帳の年月日、時間を入れて占ってみるのも面白いかも。

マイエンジェルナンバー(自動計算)










なんか面白かったので(笑)


と、まぁ、月最後の日に数字の不思議な発見をしたという話でした。

あ、あともう1日あった。


--------------------------------

<追記>

勉強不足で申し訳なす(;´∀`)ゞ

数秘術にはどうやら2種類のシステムがあるそうでして。
自動計算に片っ端から入れていったので気づきませんでしたw

数秘術について

↑こちらで「ヘブライ」「モダン」の2種類でもう一度名前の数字を出してみました。

旧姓
ヘブライ=3
モダン=3

二番目の苗字
ヘブライ=11
モダン=3

現在の苗字
ヘブライ=3
モダン=5

うん・・・・。やっぱり『3』は付いて回るんだね。

2018年3月16日金曜日

お部屋作りの道のり:後編

最初は画像だけ載っけりゃいいか~と思ってスタートさせたお部屋づくりの記録。
けっこうな量になったぞ?(;゜*゜)

お部屋作りの道のり:前編

お部屋作りの道のり:中編



次男坊の部屋の網戸作りかけ画像。


息子んちは、トイレと次男の部屋の出窓の網戸がなかったのですよ;

風通しのためを思うとどうしても網戸は欲しい。
かといってこんな特殊な形をした窓の網戸を業者に依頼すると特注になるだろうし。
高くつくだろうなぁ。賃貸だしもったいないし。と思うと自分で作るしか無い。

木材を使用して枠とネットを貼った扉を作り、突っ張り棒で固定しています。
突っ張り棒がちょっとブサイクですが(^^;)
網戸用ネットはダイオ化成 ネットバンドで押さえてタッカーで後ろからバンバン留めています。金具はほとんどが100均。

ちゃんとすき間モヘアシール も使いました。木なので反ることも考えて毛足ちょい長め。

でも結局、安く出来ましたが私自身が人件費分の労力を使うんですよね;
DIYに限らず、なんでもそう。
手作りだと安上がりだけど、技術の問題、センスやクオリティの問題、かかる時間・労力の問題を総合して考えて、自分に合う妥協点を見つけてくしかないんですね。

引っ越しなんて多少料金がかかっても業者におまかせすればよかったと思いました(ΦωΦ;)

でもまぁ、DIYは「作るのが楽しい!」が醍醐味。物づくりそのものが好きな人、得意な人向きですね。私も好奇心のみでスタートさせてますけども。

とりあえず息子んちの網戸や、画像はありませんが長男の押し入れの収納棚は、息子たちをアシスタントとしてこき使っ・・・働いてもらったので、なんとか使えるレベルには完成しました。






こちらは息子たちが小学校に上がる頃くらいからずっと使っていた棚。
元旦那がスノコで作ったものです。
無塗装で使ってきたものを今回リメイク。

綺麗に拭いてから棚板の方にアンティークワックス、すのこ部分にはバターミルクペイントを塗って、夫にキャスターを付けてもらいました。現在クローゼットにインしてます。

巷では、ヴィンテージ加工だとかエイジング加工だとかステイン加工だとか「わざと汚す」加工がいろいろありますが、棚板のこれはリアルに汚れです。
名付けるとすれば小学生のボウズども加工。見えないところに絵の具とかインクとかついてます。もっとおしゃれな汚し方してくれたらよかったんですけどね;

よく考えたら17年くらい使ってるんですねコレ(汗)


さて。すでにお部屋にはクローゼットなど備え付け収納があるので、あとは細かいものを入れるスペースのみ。
なので、汎用性の高いカラーボックスをたくさん使っています。

実をいうと、オサレと実用性のせめぎ合いはここでも巻き起こったんですよね(´・ω・`)

無垢材を使ったナチュラルなカントリー家具などの、いわゆる木製の棚に木製の引き出しだと素敵に違いないんですけど、このプラスチック製引き出しは軽いので作業性が良い事、安い事、元々1組持っていた事、を考慮してカラーボックスとプラスチック製引き出しの組み合わせを選びました。




引き出しは用紙類、
その他は天然石たちが入っています。

最上部のみ見た目重視、
本体はお手軽さ&実用性重視の仕様に。


カラーボックスの組み合わせに木製の天板を乗せるだけでけっこういい感じになります。ネット上には、カラーボックスを使って工夫をされている方がいっぱいいらっしゃって、ずいぶんと参考にさせていただきました。ここから発信したところで届かないとは思うのですが、DIYの先輩方には感謝。シェアありがとうございますm(_ _)m

で。

画像は何度も言いますが進化途中です。

周囲の段ボールとかは気にしない方向でお願いします(゚ε゚)キニシナイ!

両端に設置した2個のカラーボックス:オフホワイト(下だけ扉付き)の間に、横置き用棚板をステー(L字金具)で取り付けしてこのスペースにちょうどぴったりに置けました。

オプションの引き出し(カラーボックス  縦置き専用 4個セット)をセットして使うにはこちらも必要です→カラーボックス オプション レールボード 縦置き専用

これね(ΦωΦ;)

左右一組で売ってるんですが、5年くらい前でしょうかね。私ったら「右の分と左の分が要る」と思って「×2」で購入してるんですよ;
それが1つ余ってたので、ここへ来てやっと活用となりましたwww

人形の目玉を初めて購入する時もやっちゃってるんですよねぇ;(目玉が4個届いたw)
靴や靴下、手袋なんかは間違えることはさすがに無いんですけどw あほだなーww




ここでも100均大活躍です。
中央のスペースは、カラーボックス横置き用サイズ。
そこに合うように100均の紙製の箱を入れて引き出しを作りました。柄は違いますが、蓋付きのこういうやつです。

上の画像は箱を置いたそのままの状態。
下の画像はやっぱり100均(セリア)で買ってきたブリキフレームというやつにコルクのシールを貼って、取っ手を付けて強度を増しています。
100均で安く上げているので壊れたらまた同じように作るも良し、カラーボックス横置き用の収納アイテムを新しく購入するも良し。

天板の仕上がりはですね、反っちゃってですね(;´∀`)
ネットで購入したんですが、開封したらすぐ塗装したほうがいいですね(滝汗)
うちで未塗装のまま風にさらされて勢いよく反っちゃった。

無理やりネジで留めてあります。
失敗穴が複数空いています・・・(;_;)
遠目ではいい感じですが、近くで見たら残念な感じになりました。
でもそんなに悪く見えないところが木材を使ったDIYのいいところ。



こんな感じです。
もちろん残念なところを避けて撮影w
アンティークワックスのカラーは
確かラスティックパイン3度塗り。

(ジジのカレンダーは次男と次男の彼女に
もらったバースデープレゼントです(*^^*)♪)


予定ではこの棚ももっと進化する予定で現在計画中です。
優先順位は低いので後回しになります。


で。
最後の画像は先日撮影した画像になります↓



この辺りには、たくさんの観葉植物が
一時的に置いてあります。
時々植物に混じって静かに光合成をしている
妖精のごとき夫の姿が見られます。


このシリーズを横置き↓


サイズの関係でこちらのモジュールボックスというものを並べています。
通常のカラーボックスより少し小さいんです。
サイズや種類がたくさんあるので、カスタマイズしやすくていい感じです。

※使用したのはこのセットじゃなくて、6段の扉付きと二段と広告中央のやつ3つです。

画像のボックスの下に敷いてあるのは、セリアで買ってきた多目的マット。5枚並べています。ちょっと春の芝生ちっくなカラーでお気に入りです。

安いやつで裏に滑り止めが付いているものは、フローリングにべたっとくっついちゃって外した時にちょっとした悲鳴を上げなくてはいけなくなるので、滑り止めが付いていないものを選んでいます。これは大丈夫なはず・・・。
ほんと100均の滑り止めはフローリングと相性×ですよねぇ(´・ω・`)

ここから木製の天板を作って上に並べる予定です。
模様替えしたいときにカスタマイズやリメイクしやすいようにとか、大掃除の時に移動させやすい方向で計画中。


こんな感じでですね、今は カラーボックス 木材 メタルラック を中心に使った、カスタマイズやリメイクを視野に入れた組み合わせ自在のインテリア(収納)です。
北欧風インテリアとか家具売り場で見かけると「いいなぁ」と思いますし、しっかりした長く使えるお気に入りの家具を購入するのもありなんですが、突然模様替えがしたくなる私にはこれが一番合ってるなぁって思います。

昔はいい家具なら子供の代に譲っていくというのもあったんだと思いますが、元旦那のご両親に家具をたくさん中古でいただいても、使ってく中でやっぱり私自身が「インテリアはやっぱり自分の好みがいいな」と思ってきたので、子どもに継がせることは考えませんでした。(息子たちからの希望があったら譲りますけども(´・ω・`))

でも、できたら長く大切に使えたらいいのに、とも思うんですね。資源は無限ではないのだし、ごみ問題も気になるし。
引っ越すまでの長い期間使ってきたプリント合板の大きな家具も、インテリアシールや壁紙、塗装でリメイクすれば楽しめそうだったんですけど、重いから一人ではリメイクが難しいと感じたし、引越し料金のことを考えると処分がベストと考えました。

その点、カラーボックスだと私一人でも持てるので楽に作業することができます。
また、昔から使っていたカラーボックスは息子たちも欲しがったので、彼らの新居で引き続き使用中。これまでの私の印象ではカラーボックスって長生きしてるなぁと思うんです。
そう考えるとやっぱりカラーボックスを選択しちゃうんですね。

そして木材の方も、後々リメイク可能。
その気になればヤスリがけしたり切る事ができます。(カット大変だけど;)
本物の木を使うと時間が経過すればいい雰囲気になりますし、傷がついても味わいになります。

こうやって家具、収納を一気に揃えないで必要に応じて増やしていく方法。
メリットは、実際に生活してみてどれくらいの収納スペースが要るかがわかるので、スペースを有効に使っていけるところかなと思います。

歩みがゆっくりすぎますけどね(^_^;)
必要な分だけ、好みのものを時間をかけて選ぶのも、楽しみがあっていいもんです。

2018年3月15日木曜日

お部屋作りの道のり:中編

昨日の一番最初の画像と同じキッチンの棚。
引っ越し後、一番最初に作った場所です。


今はまた違ったものが置いてありますけど。

ブラケット、S字フック、カーテンなど
小物はセリアやダイソー商品が大活躍。
キャンドゥにもお世話になりました。


上の棚の「Kitchen」というプレート、数年前に百均で購入していたもののどこに使用したらいいかわからなくてずっとしまってありました。

こういった雑貨大好きな私。
ついつい買ってしまう。
しかし、どこに飾れば?
というものでいっぱいなのです。



恥ずかしついでに引くとこんな感じですね。
ブログに載せる予定じゃなかった画像なので
生活感がチラホラ。はずかすぃーw


で、右下の残念感!

みりんとか油とか置いてあります。
徹底してやればいいんですけど、使い勝手を優先させるとこれがベストなんですよねぇ。
消費の早い調味料は、おしゃれな容器に入れ替えとか面倒で(:3_ヽ)_
まぁまぁ、目を瞑る場所というか妥協ポイントというか。

炊飯器を置いてから、棚板が蒸気を浴びてしまうことを知りましたorz
カウンター下のキッチンワゴンを出してそこで炊くようにしています。



これに、脚の部分は切り取ってキャスターを取り付け加工。夫に付けてもらいました。



壁の上に飾ってあるのはこちら↑
秋に作るとずっと秋。




メタルラックのリメイク。
部屋はしばらく作業場になってました(笑)


画像の右のラックはこれです。
シングルマザー時代にキッチンで大活躍していたメタル突っ張り ラック 5段 【アイリスオーヤマ】
この商品はいくつか同時に使っていて引っ越しの時に息子たちも持っていったんですけど、私が持ってきたキッチンで使っていたものだけが錆びついてたんですよね。
なので、塗装して使うことにしました。

ミッチャクロンマルチスプレー【420ml】という下地用のプライマーを使っています。
サビや油汚れを拭き取ってからこの作業までが一番骨が折れました;
プライマーは匂いますので、ご近所迷惑にならないかすごく気になりますし。



ペンキはバターミルクペイント。
カラーはYellowish Whiteです。
この作業は夫と二人でペタペタと。
のんびり雑談しながらなので楽しかったです。

マット感がすごくかわいい仕上がりになりました。
ハケの跡すら木の幹みたいな雰囲気になって。

でもやっぱりキッチンだから使用頻度高いし、剥げ剥げにならないか心配になったので、念の為サテンバーニッシュという半ツヤのコーティング剤を使用しました。
ワゴンとかガンガンぶつけるところはさすがに剥げてきましたが(^_^;)
けっこう耐久性高いです。

ただ、新しいメタルラックはプライマー(下地)使わないほうがいいかもです。
リメイクにあたり、追加購入したパーツに使用したら銀色の塗装がペリペリと剥がれ落ちました。

新品のメタルラックの場合、簡単にヤスリがけ→拭き取り→ペンキで塗装→コーティング剤(仕上げ)でも大丈夫かも。




神棚のための棚(笑)
何度も言いますが進化途中ですw
完成したものって無いんじゃ?(゜v゜;)

次はリビングのこちらの棚に取り掛かりました。
<占星術>太陽回帰図でいうと2~3ヶ月前から次回の太陽回帰図が影響してくるあたりから作り始めたもの。巣作りの今現在のチャートですね。

一番最上階は神棚になっています。簡易ですけども。

神棚とかお札とかを利用されないおしゃれさんからはドン引きされるかもしれないなと思うと、なかなか出す勇気がなかった画像。

逆に信心深い側から目線だと、神様が落ち着かない?ちゃんとした神棚でないといけないのかな?と心配になりましたが、こういう商品↓もあったので大丈夫かも(笑)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
【当店オリジナル/楽天でしか手に入りません】お札立て
価格:3240円(税込、送料別) (2018/3/14時点)

おしゃれの神様が来てくださるに違いない。


うちは賃貸なので原状回復が鉄則。壁紙を直に貼ることはできません。 
そこで、うちではディアウォールというものが大活躍中です。

プラダンに壁紙を貼ったものをディアウォール&ツーバイ材の柱で挟んでいるだけです。
棚板もあるのでブカブカしません。
最初は紙の段ボールを使おうと思ってたんですが、紙だと湿気で変形しないか?とか、ダニなんかの虫が気になってプラダン にしました。
ベニヤ板でもいいんだけど、処分する時のことを思うと気楽に試せないなと思いまして。



キッチンにはダークブラウン、神棚はライトブラウンを使っています。
床と天井がしっかりしたお部屋でなら使えるようです。



柱はツーバイ材。
棚板はワンバイ材。
お店でカットして送っていただけます。


組み立て前に、アンティークワックスを重ね塗り。
最初は物足りなさを感じますが、重ね塗りするほどにいい感じになります。

画像の棚は1回めチューダーオーク、2回めと3回めラスティックパインです。
少し赤みがほしかったので先にチューダーオークを塗っています。

ワックスだから冬場は固くなるので使いづらいかも。
逆に夏とかはサクサク作業が進みます。

壁紙は昨日の日記にあげた「旧居の壁紙(パソコンデスク周辺)」と同じものです。

私が棚をテキトーに取り付けしても、月乙女座の夫に直されてしまうんですよね(^^;)
夫のおかげでこの棚は、しっかりとしたすごくいい感じの棚に出来上がりました。

この方法は、引っ越しがあると考えるとちょっと大変です(´・ω・`)
いちいち棚を取り外して分解しないといけないのでそのあたりはデメリットかな。
でもまぁ、手間と時間はかかりますが、とりあえず一人~少人数でも組み立て&取り外しができるところはちょっと安心です。ツーバイ材の柱も私一人で持てますので。

天井が高いところへの引っ越しはアウトですが、低いところなら柱を切ればいいだけ。
切り口もディアウォールに入っちゃうので気にしなくてOK。

2018年3月14日水曜日

お部屋作りの道のり:前編




現在の太陽回帰図のアセンダントが蟹座で、サビアンシンボルまで巣作り的なのを発見し。
これまで新しいブログでお部屋づくりについて書いていくのに、今ひとつ乗り気になれなかった部分をちょっと改めてみようかなと。かなり迷いましたが。

だって部屋の撮影とか恥ずかしいじゃないですか(/ω\) ・・・(/ω・\) チロ・・

そもそもネタ的に「お!」って思わないとまず撮影しないし、撮影のためにいろいろ工夫するなんてお店の商品しかやらないし。(インスタ向いてないよね(ΦωΦ;))
インテリアなら「うまくいった♪」と思って眺めて悦、とか、お料理とかお菓子とかならすぐ食べちゃうし(笑)
このあたり現実で満足しちゃって写真に残らないんですね~。

部屋作りにあたってはウェブで検索して、素敵なお部屋に暮らしている方のブログとかいっぱい参考にさせていただきました。誰のどれを参考にしたかどうかをブログで上げていくためには、そこそこクオリティでないと逆に申し訳ないよな(ΦωΦ;)
とか思っているのでそこはぼかしつつ。

私が「わぁ!いいな!」って思ったのはやっぱり木。
木のあたたかみみたいなのを取り入れたい!という気持ちが大きいです。

私がもし今20~30代で初婚で、ということなら多少高価であっても長く使える手作り家具とかで揃えるのも悪くないとは思うんですよ。
でももうだいぶおばちゃんですし、先は短いかもしれんし(´・ω・`)
もっと年を取ったら徐々にもっとシンプルにしていきたいし。(ミニマル的な)

2016年の秋に引っ越し&入籍して、20ン年住み続けたところを引き上げる時に、ずいぶんと家具を処分しました。8~9割くらい。
離婚して数年してから息子たちのスペース確保のためにしたプチビフォーアフターの時にもかなり断捨離して、家具も処分したんですが、それでも引っ越しそのものをラスボスだとすると、中ボスにも値しなかったそんなレベル。

引っ越しのカオスが若干トラウマになっていて、家具は極力持ちたくないと思いました;
今はクローゼットとか使いやすい収納がお部屋についてますからね。便利ですよね。

スペース(空間)ってね、ちゃんと管理しないと、どんどん物が溜まってくんだよ(涙)。

直後はほんっとにミニマリストに憧れてた。相当傾いてた。
だから、新しい場所では

・大きな家具(収納)を買わない
・飾り付けはできるだけ掃除しやすいものにする

この2点は大事です。私にとって。

大きな家具は、もし買うことがあっても「先に買わない」です。

家具を先に買っちゃうとどんどんそこへ物が入っていっちゃって奥の方は使われないまま何年も経過することになることは実証済み(ΦωΦ;)

広々~って思ってるのは最初だけなんですよね;

それに好みが途中で変わっちゃうこともありますし、いい!と思っても自分の好みの傾向をしっかり把握するために、たくさんの画像やホンモノを見て固めていくほうがいいと思います。ネットで見まくる、家具屋さんに通う、はオススメ。

で、飾り付けの方。
インテリアはもちろん長年の憧れだったので、大事にしたい。
でも、「快適で使いやすい」は絶対条件。
シンプルにオサレにまとめてらっしゃる方もいて憧れるんですが、カフェや雑貨屋さんみたいに飾り付けされてる方のおうちも素敵だし。と、思ってまして。

多少お掃除めんどくさい細々とした飾り付けシンプルに快適にのバランスなんですね。
人それぞれの好みや日常生活との最適なバランスというのがあって、私はそれらのせめぎ合いであーでもないこーでもないとやってるわけです(笑)

夫はインテリアは全然考えない人なので「好きにやってくれていいよ」と言ってくれる上に、休日に手伝ってくれるので、とてもありがたいです♪
一人暮らしだと「潤いがない」のだそうです。

そう、好きだ!と思う内装やインテリア、小物、それらのある暮らしって心の潤いなんですよね。私は基本「快適ならどこに住んでもいい」なんだけど、アセンダント牡牛座はお家の中とっても大事。

家具をたくさん処分したと書きましたが、ほとんどが元夫の実家のお古でして。
昭和風味の家具達でした。レトロというよりは、もうどうにもリメイクできないようなプリント合板の家具。結婚と同時に新調してもらった家具(こちらも合板)もありましたが、大きくて私の方も息子たちの方も引越し先へ搬入できないようなものなので、思い切って処分しました。

それでも、以前住んでいた所ではなんとか「素敵なお部屋♪」みたいな暮らしがしてみたくていろいろ試しましたが、ほんのちょっとの気休めでした(´;ω;`)




古いお家の画像。パソコン周り。
壁紙を画鋲でとめてみたり。

神棚も中央に(笑)
棚を設置して間もない写真なので
棚にあまり物が乗っていません。

見えないかとは思いますが
坂本龍馬のフィギュアが乗っかってます。
このちぐはぐ感が私クオリティ!

息子たん人形とココペリさんが
仲良くパソコンの上に座っています。




食器棚のサイドへ壁紙を貼ってみる
(なんとベニヤのままの仕様だったw)

百均の白のブラケットに
塗装した板を乗せて棚。

雰囲気だけでも味わいたいという
苦肉の策というか。
別角度から見ると萎えるんです。
年季の入った生活感が目に入るから。


画像UPしていきますが、完成画像ではないのでほぼ進化途中だと思ってください(汗)
いつ完成するのだろう?と自分でも思うんですが、サグラダ・ファミリアだってまだ諦めてないんだもの。大丈夫。

壁紙はこちらを使いました。



1枚め画像(新居)の壁紙。
レンガ柄(6017)の方です。
このパン屋さんっぽい柄がすごく気に入っていて新居のあちこちで使用中です。



2枚めの画像(旧居)の壁紙。
これの柄は、この時のやつが残っていたので新居でも使いました。
ちょっと上品な感じですね。



最後の画像(旧居)の壁紙。
これはすごく素敵だった。
けど薄かった。少し貼りづらかった。

白いので新居の場合、統一感が出ないかと思ってチョイスしてないけど、すごくいい柄です。古い食器棚のベニヤ側面が見違えた。

2018年3月12日月曜日

レシート

夫のおやつを買おうかどうか悩み
「よし、買おう!」
となったお買い物で久しぶりのエンジェルナンバー。

ナンバーの意味よりも
今日の買い物内容は正解♪
と言われたような気がします(・∀・)